電子タグの使用とは何ですか?

- Mar 24, 2021-

電子タグの使用は何ですか?データキャリアとして、rfid電子タグは、識別、アイテム追跡、および情報収集の役割を果たすことができます。RFID タグは、主に次の業界で多くの分野で広く使用されています。

1. 偽造防止: 各製品には、ソースメーカーから販売端末に製品のすべての情報を記録する固有のRFID電子タグがあります。スキャン後、詳細情報レコードが生成されます。

2. 生産ライン管理: RFID電子タグは、プロセス情報を正確に記録し、生産ラインに工程情報を処理して、柔軟な生産のニーズを満たすことができます。作業者ID、時間、操作、品質検査結果の記録は、生産のトレーサビリティを完全に実現することができます。また、手書き入力や運用環境での情報の表示によって発生するエラーを回避することもできます。

3. 倉庫管理: RFID電子タグは、倉庫商品の情報管理を効果的に解決することができます。商品の場所や保管場所をリアルタイムで把握できます。これは、ストレージの効率を向上させ、生産を導く上で重要な役割を果たします。

4. 貴重品管理:カメラ、ビデオカメラ、ポータブルコンピュータ、CDプレーヤー、ジュエリーなどの貴重品の盗難防止、決済、アフターの保証に使用されます。RFID タグは、品目のパッケージに添付または組み込まれています。特別な棚の走査器は、リアルタイムで商品をスキャンし、リアルタイムの商品記録を得ることができます。

5. 書籍管理とレンタル製品管理: 電子タグを書籍に添付して、書籍情報を簡単に受け取ります。書籍を並べ替える際に本を移動する必要は、作業効率を向上させ、作業の誤りを回避できます。