電子タグの適用シナリオ

- Mar 24, 2021-

電子タグの適用シナリオ

データキャリアとして、電子タグは識別、アイテム追跡、および情報収集の役割を果たすことができます。 海外では、電子タグが幅広い分野で利用されています。 電子タグ、リーダー、アンテナ、アプリケーションソフトウェアで構成されるRFIDシステムは、対応する管理情報システムに直接接続されています。 すべてのアイテムを正確に追跡できます。 この包括的な情報管理システムは、リアルタイムのデータ収集、安全なデータアクセスチャネル、すべての製品情報をオフラインで取得できるなど、多くのメリットを顧客にもたらすことができます。お待ちください。 海外では、RFID技術は産業オートメーションや商用オートメーションなどの多くの分野で広く使用されています。 アプリケーションが含まれます:

1.偽造防止:スキャンを通じて、詳細なロジスティクス記録が生成されます。

2、生産ライン管理

電子タグは、柔軟な生産のニーズを満たすために、生産ラインでプロセス情報とプロセス操作情報を便利かつ正確に記録できます。 作業者ID、時間、操作、品質検査の結果を記録することで、生産のトレーサビリティを十分に実現できます。 また、本番環境での手書きや情報の表示によって引き起こされるエラーを回避できます。

3、倉庫管理

インテリジェントな倉庫商品管理にRFIDシステムを使用することで、倉庫商品情報管理の問題を効果的に解決します。 大規模な保管拠点の場合、管理センターは商品の場所と保管をリアルタイムで把握できます。これは、保管効率の向上、製品情報のフィードバック、および生産のガイドにとって非常に重要です。 1日に処理される商品の数を増やすだけでなく、商品に関するすべての情報を監視します。 その中には、さまざまな形の申請があります。 ラベルを商品に貼り付けて、フォークリフトのリーダーと倉庫の対応する位置のリーダーが読み書きできます。 バーコードと電子タグを併用することもできます。

4.販売チャネル管理

厳格で秩序あるチャネルを確立し、購入、販売、在庫を効率的に管理することは、多くの企業にとって強いニーズです。 製品は、製造プロセス中に一意の製品番号を含む電子タグに埋め込まれます。 製造業者は識別子を使用して製品の流れを監視でき、卸売業者と小売業者は製造業者が提供するリーダーを使用して製品の正当性を識別できます。

5.貴重品の管理

カメラ、カムコーダー、ポータブルコンピューター、CDプレーヤー、ジュエリーなどの貴重品の盗難防止、決済、およびアフターサービスの保証にも使用できます。盗難防止機能は一種の電子物品監視システム(EAS)です。 。 ラベルは、アイテムのパッケージに添付または組み込むことができます。 特別な棚スキャナーがリアルタイムで商品をスキャンし、リアルタイムの在庫記録を取得します。 商品が棚から取り出された場合、システムはその動作が合法であるかどうかを確認し、商品が違法に取り出された場合、システムは警告を発します。

請求書が倉庫から出ているときは、スキャナーでさまざまなカテゴリーのすべてのアイテムを一度にスキャンでき、レジ係が販売伝票を生成すると同時に盗難防止機能がリリースされます。 このように、顧客が購入したアイテムを持って去るときにアラームが鳴ることはありません。 顧客が請求書を支払うと、レジは販売日をラベルに書き込みます。これにより、顧客が購入した商品も保証され、それに応じて約束されます。

6.書籍管理、リース商品管理

書籍には電子ラベルが貼られており、書籍情報を簡単に受け取ることができ、整理時に移動する必要がないため、作業効率が向上し、作業ミスを防ぐことができます。

7.ロジスティクス、車の盗難防止、航空小包管理などのその他。